かやもり農園

の炊き方

How to cook rice

伝のお米をもっと美味しく

ご飯の炊き方「伝」を美味しく炊くコツを動画でご紹介!

ご飯の炊き方

一般家庭にある炊飯器で十分美味しく炊けます! かやもりが洗米から炊き上がるまでを実演。 ご家庭でも手軽にできる内容になっておりますので皆様是非お試し下さい。

日本一のおむすびを動画でご紹介!

おむすびの握り方

TVで何度かご紹介をしていただいた、おむすびの握り方です。 「伝」のお米は冷めてからでも美味しくいただけます。お子様のピクニックやお弁当にもお勧めです。是非ご活用下さい。

気軽に、簡単に。お米の楽しみ方

かやもりが洗米から炊き上げるまでをご紹介します。

ご家庭の炊飯器で美味しく炊くコツをご紹介!

上記動画での『お米の炊き方』と同じ内容を、文章にして説明しております。ご家庭でも手軽にできる内容になっておりますので皆様是非お試し下さい!

詳しく見る

  • お米の保存

    kiribitu
    高温多湿の場所を避け、できるだけ早めに使い切る。 米は生きているものです。梅雨時、夏場の暑いときなどの保存法には特に気を付けなければいけません。 脱酸素剤入りの場合は袋を開けずに常温の場所に保管すれば精米から6ヶ月間は味がほとんど変わることなく召し上がれます。

    【お勧めの米びつ】
    湿気を調節、虫を寄せ付けない桐製の米びつ。効果は私が実証してます!
    生産しているのは ⇒ 「桐空間のトータルコーディネート ㈱イシモク」

  • 量を計る

    炊飯のときの分量ははかりで重量を計るのが確実です。(1合は150gです)

  • お米を洗う

    ぬらしたお米を手早くやさしく回し研ぎ、その後3回濯ぎます。
    お米の表面に付いている粉糠を洗い落とすだけなのでこれくらいでいいんです。

  • 吸水、ざる上げ

    すすぎ終了後ザルに移し、ボウル等で1時間水に浸す。
    ザルのまま水から上げ、表面が乾燥しないようにラップなどで蓋をして15分以上置く。
    ざる上げをして水を切ったあと、袋に詰めて冷蔵庫に保存してもよい。(12時間以内に炊く)
    ザルは金物のものを避け、浸す水は浄水器かミネラルウォーターを使用する。

  • 炊く

    炊飯器に入れる総重量「米 + 水」は「2.で計った米の重さ×2.23倍」です。
    (例えば2合分、300gの米を炊く場合は米と水の総重量は670gです。)
    軟らかめがお好みの場合は水の量を増やしてください。

    【電気炊飯器の場合】
    ほとんどの電気炊飯器は蒸らしが終わった段階でおしらせがブザーが鳴ります。
    【ガス炊飯器の場合】
    炊飯スイッチが上がってから15分ほど蒸らして終了です。
    ※機種によって炊飯終了の基準が異なる場合がございますのでご確認ください。

  • ほぐす

    炊飯終了後すぐに蓋を開けてごはんをほぐします。
    杓子を底まで刺し、やさしく持ち上げてひっくり返し、ご飯粒一つ一つに空気を与えるようにほぐしてください。(この作業は意外に重要なんです。)

    ※できるだけご飯の粒を傷めないように丁寧に行う。

    これで出来上がり!!
    どの工程もとっても重要なものです。出来上がるまで気を抜くひまはありません。
    大切なものを育てるように、愛情を込めてあげることによってよりおいしいご飯が出来上がるでしょう。

お好みでおこげを作ったり、炊き込みご飯も作れます。

土鍋での炊き方

「かまどご飯」での炊き方

土鍋でもお気軽にご飯が炊けますよ!

詳しく見る

  • お米の保存

    kiribitu
    高温多湿の場所を避け、できるだけ早めに使い切る。 米は生きているものです。梅雨時、夏場の暑いときなどの保存法には特に気を付けなければいけません。 脱酸素剤入りの場合は袋を開けずに常温の場所に保管すれば精米から6ヶ月間は味がほとんど変わることなく召し上がれます。

    【お勧めの米びつ】
    湿気を調節、虫を寄せ付けない桐製の米びつ。効果は私が実証してます!
    生産しているのは ⇒ 「桐空間のトータルコーディネート ㈱イシモク」

  • 量を計る

    炊飯のときの分量ははかりで重量を計るのが確実です。(1合は150gです)

  • お米を洗う

    ぬらしたお米を手早くやさしく回し研ぎ、その後3回濯ぎます。
    お米の表面に付いている粉糠を洗い落とすだけなのでこれくらいでいいんです。

  • 吸水、ざる上げ

    すすぎ終了後ザルに移し、ボール等で1時間水に浸す。
    ザルのまま水から上げ、表面が乾燥しないようにラップなどで蓋をして30分以上置く。
    ざる上げをして水を切ったあと、袋に詰めて冷蔵庫に保存してもよい。(12時間以内に炊く)
    ザルは金物のものを避け、浸す水は浄水器かミネラルウォーターを使用する。

  • 炊く

    土鍋に入れる総重量「米 + 水」は「米の重さ×2.25倍」です。
    (例えば2合分、300gの米を炊く場合は米と水の総重量は675gです。)
    軟らかめがお好みの場合は水の量を増やしてください。

    計量した米と水を土鍋に入れ、かまど(外枠)ごとコンロに載せて火力全開で過熱します。 火を着けてから8分~10分で沸騰して蓋の穴から蒸気が立つ程度の火力が最適です。 蒸気が勢いよく立ってから少しだけ火力をゆるめてそのまま加熱し、2分後に火を止めます。 そのまま20分間放置して炊飯終了です。
    (加熱途中で蓋を開けても大丈夫ですが、蒸らしの途中では絶対に蓋を開けてはいけません)

    〈火力強〉沸騰するまで8分~10分 → 〈火力中〉2分間 → 〈土鍋の余熱〉20分間
    炊飯終了後すぐに蓋を開けて丁寧にやさしくごはんをほぐします。

    これで出来上がり!!
    お好みでおこげを作ったり、炊き込みご飯もお手軽に作れますよ。
    加熱しているときに蓋を開けて炊き込みごはんの具材を投入することもできます。

気軽にいろいろな炊き方を試してください。

玄米ご飯の炊き方

様々な玄米が楽しめる玄米ご飯の炊き方

玄米ご飯はまだ白飯ほど一般的に美味しい炊き方というものが確立されておりません。気楽に様々な炊き方を試してご自身のお好みを探ってみて下さい。

詳しく見る

  • 洗米

    米と米を擦り合わせるように研ぎ、濯いでからもう一度研ぎます。
    研いだ玄米を濁り水が無くなる程度に2~3回濯ぎます。
    (玄米の皮部分にキズをけて吸水しやすくします。)

  • 浸水

    基本的に6時間以上水に浸けておきますが、1時間程度でも大丈夫。
    (浸水時間によって玄米ご飯の食感が変わりますがそれも楽しみのひとつです。)

  • 炊飯

    水加減は玄米1カップに対して1.5カップを目安にお好みで加減します。
    (水加減によってさまざまな玄米ご飯が楽しめます。いろいろな水加減で試してみてください。)

    【圧力鍋の場合】
    沸騰して圧力が掛かったら弱火にして25分加熱します。
    火を止めて15分ほど蒸らしたらごはんをほぐします。

    【土鍋の場合】
    沸騰したら弱火にし、40分加熱します。
    火を止めて15分ほど蒸らしたらやさしくほぐします。

    【炊飯器の場合】
    ガス炊飯器では炊飯スイッチを押し炊き上がったらふたを開け、最初の水の半分程度の水を加えてまた炊飯スイッチを押します。
    火が止まってから15分ほど蒸らし、やさしくほぐします。
    (玄米炊き設定がついている炊飯器の場合は説明書に従ってください。)

  • 玄米ご飯が
    炊きあがったら…

    小分けにしてラップに包んで冷蔵、もしくは冷凍で保存しましょう。
    (保温にすると糠臭さがでて美味しくなくなります。)

    召し上がる際に食べる分だけ電子レンジで温めなおします。

    玄米ご飯はまだ白飯ほど一般的に美味しい炊き方というものが確立されておりません。
    気楽にいろいろな炊き方を試してお好みの炊き加減を探ってみて下さい。

このページのトップへ