「伝」のお米をもっと美味しく

土鍋の炊き方 土鍋で美味しくお米を炊く全工程

※ 1〜4の工程までは炊飯器での炊き方と同じ手順になります。

お米の保存
↓ 潟Cシモクの桐製の米びつ 高温多湿の場所を避け、できるだけ早めに使い切る。 米は生きているものです。梅雨時、夏場の暑いときなどの保存法には特に気を付けなければいけません。 脱酸素剤入りの場合は袋を開けずに常温の場所に保管すれば精米から6ヶ月間は味がほとんど変わることなく召し上がれるそうです。
【お勧めの米びつ】
湿気を調節、虫を寄せ付けない桐製の米びつ。効果は私も体感してます!
生産しているのは ⇒ 「桐空間のトータルコーディネート 潟Cシモク
量を計る
↓

炊飯のときの分量ははかりで重量を計るのが確実です。(1合は150gです)

お米を洗う
↓

ぬらしたお米を手早くやさしく回し研ぎ、その後3〜4回濯ぎます。
お米の表面に付いている粉糠を洗い落とすだけなのでこれくらいでいいんです。

吸水、ざる上げ
↓

すすぎ終了後ザルに移し、ボール等で1時間水に浸す。
ザルのまま水から上げ、表面が乾燥しないようにラップなどで蓋をして30分以上置く。
ざる上げをして水を切ったあと、袋に詰めて冷蔵庫に保存してもよい。(12時間以内に炊く)
ザルは金物のものを避け、浸す水は浄水器かミネラルウォーターを使用する。

炊く
↓

炊飯器に入れる総重量「米 + 水」は「米の重さ×2.25倍」です。
(例えば2合分、300gの米を炊く場合は米と水の総重量は675gです。)
軟らかめがお好みの場合は水の量を増やしてください。

計量した米と水を土鍋に入れ、かまど(外枠)ごとコンロに載せて火力全開で過熱します。 火を着けてから8分〜10分で沸騰して蓋の穴から蒸気が立つ程度の火力が最適です。 蒸気が勢いよく立ってから少しだけ火力をゆるめてそのまま加熱し、2分後に火を止めます。 かまどごと受け皿に載せ、そのまま20分間放置して炊飯終了です。
〈かまども高温になりますので火傷にご注意ください!〉

〈火力強〉沸騰するまで8分〜10分 → 〈火力中〉2分間 → 〈土鍋の余熱〉20分間

炊飯終了後すぐに蓋を開けて丁寧にやさしくごはんをほぐします。

これで出来上がり!!

お好みでおこげを作ったり、炊き込みご飯もお手軽に作れますよ。

その他の美味しいお米の楽しみ方。